ARCHIVES

過去の展示

exhibition vol1-vol2

宮内柚

/ 美術家

1

作家について

TOMORROW gallery 高田馬場

1996 千葉県生まれ
2021 多摩美術大学美術学部絵画学科版画専攻卒業
多摩美術大学美術研究科版画専攻 入学 受賞歴「第 44 回全国大学版画展」 優秀賞
グループ展
2019
「第 44 回全国大学版画展」町田市立国際版画美術館 / 東京
2021
「多摩美術大学卒業制作 · 大学院修了制作展 A 日程」/ 多摩美術大学、東京
「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」/ 国立新美術館、東京 「ボーダーを渡る展」/ GalleryWolk、東京
「Emerging Artists-Part3」/ ギャラリー Q、東京 「STRETCH OUT」/ たましん美術館、東京
「宮内柚 作品展」/ gallery TK2、東京
「”the sight of the stars makes me dream”」/ アートサロン SCENE、東京

展示について

TOMORROW gallery 高田馬場

宮内の作品は、まるで自然が作り出す雄大な風景のようです。 風景のような作品は、空間を作ります。
それは様々な人を許容し、開放し、自由な空気を作ります。
TOMORROWgalleryは、日常の中にあるギャラリーです。日常の中の短い一時のなかに、新しい風景を取り込むような体験が生まれると思います。
宮内は主にシルクスクリーンプリントという版画技法で作品を制作しています。 何枚もの筆跡のようなドローイングを一度、版におこし、それを色を変えながら 一枚の紙や透明シートの上に重ねていきます。重ねていく時に生まれる思いも寄よらない色の出方や、偶然生まれる掠れなどが 、作品を自然な風景のように見せます。 「遠回りして描くこと」を意識していると、宮内は言います。 生み出された形の中にある痕跡がそれを物語っています。

新納翔

/ 美術家

2

作家について

TOMORROW gallery 高田馬場

1982年横浜生まれ。
麻布学園卒業、早稲田大学理工学部中退。
2000年に奈良原一高氏の作品に衝撃を受け、写真の道を志す。 2009年から2年間中藤毅彦氏が代表をつとめる新宿四ツ谷の自主ギャラリー「ニ エプス」で
メンバーとして活動。 以後、現在まで消えゆく都市をテーマに東京を拠点として写真家として活動をし ている。
主な写真集に『山谷』『Another Side』『築地0景』『PEELING CITY』があ る。
現在 RICOH・PENTAX アンバサダー。

展示について

TOMORROW gallery 高田馬場
東京を中心としたエリアを撮影していると、妙に違和感を抱く景色に出会うことがある。それは、いつも刹那的に現れては消えていく。羽田空港をはじめとした湾岸部や東京駅周辺など、再開発地区の中でも際立って変化が著しい場所で多く見つけるのだが、時の止まったような 古ぼけた商店街の一角で姿を見せることもある。 去年の4月、コロナで人が消えた銀座を撮影していた。 誰一人いない数寄屋橋交差点で信号待ち をしている時 、ふと気がついた。この違和感の正体、それは100年後もしくはずっと先の都市風景の片鱗なのではと。同じ場所に違う時代の景色が存在しているから感じる違和感。今はまだ小さな欠片でしかないが、やがて未来都市のコアになるものだと。 1950年代後半に複数の巨大都市が交通通信網の発達で密接に結ばれ、 一体化した大都市群は「Megalopolis /メガロポリス」と呼ばれるようになった。それから半世紀、インターネットの普及によりさらに広域に結びついた世界は「Megalopolis /メガロポリス」よりもずっと規模の大きい「Gigalopolis /ギガロポリス」と呼ぶにふさわしい世界になった。2007年からの10年間で撮影した『PEELING CITY』 (2017)は、ギガロポリスに住む人々にフォーカスしながら切り撮った都市風景だと考えている。 今作は、未来都市の欠片を集めた標本のようなものである。 つまりは、私が提示できる未来の東京都市像なのだ。 『PEELING CITY』で撮影した「Gigalopolis /ギガロポリス」のずっと先の都市の姿。 それを「Petalopolis /ペタロポリス」と呼ぶことにした。現在の景色でありながら、やがて訪れる未来の姿なのである。